※高性能ろ過 【HEPS】 step6
  2年間の実用試験で良好な結果を得ることができました。
  【HEPS】 step6 好評販売中。

海水魚飼育・当ホームページに関するご意見・ご質問等のメール
お寄せください。私が誠意を持って返信させて頂きます。

水質データをとり、改良を重ね、現在、お客様にお薦めしている、
ろ過装置
【HEPS】 (Hoshina,Enjoy,Product,System)は、食べ残した
餌、フンで汚れた水を浄化する、ろ過槽内ろ過バクテリアを殺すこと
なく、手も汚さず洗浄でき、管理が非常に楽になっています。
水槽設備は
『安全・安心・快適』 をモットーに、また、生体が
相手ですので24時間対応とし、魚たちとのコミュニケートを
心おきなく楽しんでいただけるよう、日々努力しております。

私自身も今なおマニアとして海水魚飼育を続けております。
「商品は自分で使用、良好な結果が得られたもののみ販売します。」

『海水魚は、お金がかかる、難しい、すぐ死んでしまう』
これは、
【HEPS】 で死語となりました。
我が家族の一員、『マクロスス(紅海産)』も27年目を迎えました。
私の無知識時代、不幸にして
やってきた魚は短い命で終わり
ました。
我が家の庭には子供が作った
「タテキンのお墓」、
「ブルーフェイスのお墓」…
感受性の強い幼少期に、
「生と死から命の尊さを学ぶ」
これが情操教育
だと思います。

さて、私たちの住む地球は、
別名『水の惑星』とも言われて
おります。
生物は海を起源とし、進化し続けています。
人は水の流れを見ることにより、穏やかな安らぎを得ることが
心理学上認められております。
水槽で泳ぐカラフルな熱帯性海水魚たちと、

『目には見えない対話』
が行われ、
すさんだ現代社会の傷ついた心を自然に癒してくれます。
「母なる海の天使、海水魚」秘めたるパワーがあります。

これが
『アクアセラピー』 です。

病院・お店・スポーツセンター・駅など、お客様が癒されるように
と水槽を置くことで、イメージアップ・待ち時間のイライラ感の
解消にと一役かっています。

弊社では、9年前より農業振興企画事業として、
『じゅん菜栽培』 の斡旋にも取り組んでおります。

じゅん菜は、農薬・肥料等に非常に弱く、枯れてしまう為、
『無農薬野菜』 の代表です。

じゅん菜栽培と共に今ではなかなか見られなくなった蛍など
水生昆虫が戻ってきています。これは、
「ビオトープ」 (人工的に
自然に近い環境を作り、生物がおのずと集まり、生活の場となり、
自然交配を繰り返し世代交代がなされる環境)
の始まりです。

管理もほとんど掛からず、休耕田の荒廃を防ぐに最も適した
作物です。農業活性化に少しでもお役に立てれば、幸いと
考えております。

これからは、環境に優しい、自然農業が見直される時代と
なってきました。有限会社保科エンタープライズは、
水を科学することにより、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」心で

『生物と共にいつまでも住み続けられる環境』を目指しています。

25年目の「マクロスス」
社長のひとり言

ヤッコ水槽

900×450×450 オーバーフロー水槽
飼育開始5年目

たくさんのお問い合わせ誠にありがとうございます。

家族の一員となり、
[心にうるおいと、 癒しを与えてくれる海水魚]
そして家族の絆へと。

それが
『海水魚は、お金がかかる、
難しい、すぐ死んでしまう…』
こんな悲しいレッテルの代名詞。

バブル最盛期、海水魚ショップ、
そしてマニアの水槽で、バタバタと。
『お魚さんたちの命を守っている』
ろ過装置の重要性が全く軽視され、
多くの海水魚が死んでいきました。
私はこのことに耐えられず、
命の尊さを多くの人々に解って
もらう為
、いちマニアとして
海水魚飼育で10円玉大の幼魚から成魚まで、
数多くの魚たちを成長させた20年の研究成果を基に、
各種水槽の設計施工を行い魚を救おうと平成4年4月、
保科エンタープライズを設立しました。

アカククリ(体高3p)

初めてのオーバーフロー水槽

社長

600×300×360 市販上部ろ過器使用
飼育開始6年目

ウミサボテンとウミエラ

450×240×290 底面フィルター使用
飼育開始6年目

900×750×500 山本海水(研)上部ろ過 2基
飼育開始6年目

600×300×360 市販上部ろ過器使用
飼育開始6年目

初代マクロスス
 2年半と短い命でした

ユカタハタ
 サーモ故障で昇天…

900×450×450 オーバーフロー水槽
飼育開始2年目

ブログ『癒しの海水魚』 も飼育の参考に、ご活用ください。

昔のアルバムより

400×400×400 日海Sピグミー水槽→私の改良型
飼育開始7年目

タウンエース(フレンチA+グレーA)
 40pの成魚になりグレーAと判明

 <伊豆大島にて余生を終える>

タウンエース(フレンチA+グレーA)
 40pの成魚になりグレーAと判明

 <伊豆大島にて余生を終える>

900×750×500 山本海水(研)上部ろ過 2基
飼育開始9年目

平成8年4月、有限会社保科エンタープライズに組織変更をし、
現在に至っています。

私が、マニアとして始めた30余年前、
ポンプは海水による錆で停止し、
水温調節用サーモスタットは焼付き、
沸騰し、魚が煮えるなど、
悲惨なものでした。
ろ過器の能力もまだ低く、
病気で、投薬すると水質悪化となり
治せませんでした。
『初心者が餌を与えすぎても水質悪化にならない
               ろ過装置は出来ないか』
と考え、
餌を与えるのは全て家内・子供に頼み、満足のいくものが
出来上がったのはバブル全盛の頃でした。